本文
サイトの現在位置
2020年1月21日 更新
2050年までにCO2排出ゼロ目指し 岩手県北9町村が共同宣言
横浜市と協定を締結している岩手県北9市町村(久慈市、二戸市、葛巻町、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町)は12月2日、2050年までに二酸化炭素排出量をゼロにすることを宣言しました。

2050年までにCO2排出ゼロ目指し 岩手県北9町村が共同宣言

共同宣言の画像

横浜市と協定を締結している岩手県北9市町村(久慈市、二戸市、葛巻町、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町、一戸町)は12月2日、2050年までに二酸化炭素排出量をゼロにすることを宣言しました。
9市町村は近年の気候変動の影響が及ぼす危機的な状況に対し、平成31年2月6日に横浜市と再生可能エネルギーに関する連携協定を締結。横浜市が掲げる「2050年までの温室効果ガス排出量実質ゼロ(脱炭素化)」に共鳴し、それぞれの市町村が2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指し、宣言したものです。

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
情報管理室
説明:情報公開、個人情報保護、行政情報化、地域情報化推進、庁内コンピュータの管理、市ホームページ、広報、統計
住所:028-6192 岩手県二戸市福岡字川又47
TEL:0195-23-3114
FAX:0195-22-1195