本文
サイトの現在位置
2020年1月21日 更新
市民憲章と市の花・鳥・木(映像)

市民憲章と市の花・鳥・木

新市の将来像である「活力と安心、歴史文化の薫る拠点都市」の実現を目指し、二戸市の限りない発展と希望あふれるまちづくりに向けて、平成22年1月1日に市民憲章と市の花・鳥・木を制定しました。

市民憲章


二戸の先人は、山紫水明の地に学び、質朴で聡明なる精神的風土を育みました。私たちも善き市民として、助けあい、高めあい、ともに歩むことを誓い、ここに市民憲章を定めます。

緑まばゆい 山河
凛として 澄んだ大気
一人ひとりが光となり、二戸の大地を照らします。
未来をつくる 若い生命
未来を見守る 尊い生命
一人ひとりが根を張り、豊かな実りを結びます。

吹きわたる風 文化を運び
流れゆく水 こころ潤す
みなが手を携え、温もりのある輪をつくります。

市の花・鳥・木

花「やまざくら」

やまざくら

 春の山野を明るく彩り、古くから田植えの目安とされてきた。市民の森、九戸城跡などにも多く植樹され市民に親しまれている。

鳥「きじ」

きじ

 留鳥で1年中姿を見ることができ、人里近くに生息する。九戸城跡でもよく見かけることがあり、オスの飛び立つ姿は力強く、メスは「焼け野のきぎす」のたとえにあるように非常に母性愛が強い。

木「うるし」

うるし

 漆の樹液は天然塗料として優れ、長きにわたって日本人の生活と深く関わってきた。日本一の漆の産地である当市を象徴するものとして、最もふさわしい樹木である。

PDFファイルはこちら
制定までの経過について
ファイルサイズ:35KB
Adobe Readerを入手する
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
情報管理室
説明:情報公開、個人情報保護、行政情報化、地域情報化推進、庁内コンピュータの管理、市ホームページ、広報、統計
住所:028-6192 岩手県二戸市福岡字川又47
TEL:0195-23-3114
FAX:0195-22-1195