本文
サイトの現在位置
2020年6月19日 更新
令和2年度日本遺産認定!“奥南部”漆物語~安比川流域に受け継がれる伝統技術~
二戸市・八幡平市の『“奥南部”漆物語~安比川流域に受け継がれる伝統技術~』が令和2年度日本遺産に認定されました!
日本遺産ロゴマーク

二戸市と八幡平市が文化庁に日本遺産申請しておりました「“奥南部” 漆物語~安比川流域に受け継がれる伝統技術~」が本日閣議決定され、日本遺産に認定されました。

日本遺産とは

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として文化庁が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。

過去の岩手県内における認定状況

・令和2年度の認定結果
  申請69件、認定21件
・過去の岩手県内等の認定状況 
  みちのくGOLD浪漫
  ~黄金の国ジパング、産金はじまりの地をたどる~
  【宮城県気仙沼市・南三陸町・涌谷町、
   岩手県平泉町・陸前高田市】
・現在までの認定数
  83件+21件=104件(日本遺産認定6年目)

漆掻き

今回の二戸市と八幡平市の認定は、県内自治体主体としては初の日本遺産認定となります。

漆塗り
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
教育委員会
説明:教育企画課、生涯学習課、文化財課、学校給食センター
住所:028-6192 岩手県二戸市福岡字川又47
TEL:0195-23-3481
FAX:0195-23-9335