本文
サイトの現在位置
2020年5月21日 更新
令和2年5月25日 通知カードの廃止のお知らせ
マイナンバーをお知らせするために郵送されていた紙製の通知カードが、令和2年5月25日(月曜日)に廃止されます。廃止後は通知カードの発行・再発行・氏名や住所などの記載事項変更手続きが終了します。

終了する手続きについて

・新規発行(出生や国外からの転入等)

・再交付申請(紛失等)

・記載事項変更(氏名や住所などに変更がある方)

※引越しや婚姻などで氏名や住所に変更がある方や、再交付申請を希望される方は、令和2年5月22日(金曜日)までに二戸市役所市民生活課または浄法寺総合支所地域支援課で手続きをしてください。

通知カードの記載事項変更について

【手続きができる方】

・本人

・本人と同じ世帯の方

・代理人(上記以外の方)

※代理人が来庁する場合は委任状が必要です。





【お持ちいただくもの】

・来庁する方の本人確認書類 (▼詳細はこちら

・通知カード

・委任状(代理人が来庁する場合)

通知カードの再交付申請について

【手続きができる方】

・本人

・代理人(本人からの委任状が必要になります)



【お持ちいただくもの】

・本人の本人確認書類 (▼詳細はこちら

・代理人の本人確認書類 (▼詳細はこちら

・委任状(代理人が来庁する場合)

・手数料(500円)

・印鑑

既に発行された通知カードの取扱いについて

令和2年5月25日(月曜日)以降、最新の氏名や住所が記載されている通知カードは、マイナンバーを証明する書類として引き続き使用することができます。

廃止後に氏名や住所に変更があった場合

通知カードは、マイナンバーを証明する書類として使用することができなくなります。

廃止後に通知カードの返納が必要となる場合

・国外へ転出の場合

・個人番号カードの交付を受ける場合

通知カードを持っている方で上記の手続きを行う方は、廃止後も通知カードを返納する必要があります。

通知カード廃止後のマイナンバーの通知方法について

令和2年5月25日以降に出生や国外からの転入で、初めて住民票にマイナンバーが付番された方には、「個人番号通知書」が送付されます。

個人番号通知書は、マイナンバーを証明する書類としては使用できませんが、マイナンバーをお知らせするためのものですので、保管をお願いします。

※個人番号通知書の再発行はできませんので、紛失した場合は、個人番号カードもしくはマイナンバーが記載された住民票を取得してください。

通知カード廃止後のマイナンバーを証明する書類について

・個人番号カード(マイナンバーカード)

・マイナンバーが記載された住民票の写し

・通知カード(最新の氏名や住所が記載されているもの)

返戻された通知カードの受け取りについて

郵便局での保管期間内に受け取られずに返戻された通知カードは、市役所で保管しています。

保管期限は郵便局から差し戻されて3か月です。

廃止後以降も、返戻された日から原則3か月保管していますので、受け取りが必要な方は二戸市役所市民生活課へお問い合わせください。

各種お手続きの詳細について
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
市民生活課
説明:戸籍、住民基本台帳、印鑑登録、税務証明書の交付、諸証明の交付、パスポートの申請受付・交付、マイナンバーカードの交付、自動車の臨時運行の許可、国民年金に関する各種届出の受付、法律・多重債務・市民生活など各種相談業務及び消費生活センター
住所:028-6192 岩手県二戸市福岡字川又47
TEL:0195-23-1681
FAX:0195-25-5160