岩手県二戸市 二戸市役所
サイトマップ トップページへ
市の情報
くらしの情報
防災・災害情報
観光情報
企業・事業者向け
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ観光みどころ観光施設八葉山 天台寺
前のページへ 
2014年3月31日 更新
印刷用ページを開く
八葉山 天台寺
奈良時代の神亀5年(728年)、聖武天皇の勅命を受けた行基が開山したと伝えられる八葉山天台寺。瀬戸内寂聴師による法話の日には境内に入りきらないほどの参拝客でにぎわいます。
八葉山 天台寺
 はるか奈良時代の神亀5年(728年)、聖武天皇の勅命を受けた行基菩薩が8つの峰と8つの谷を併せ「八葉山」と名づけ、山中の桂(カツラ)の大木を刻んで本尊の聖観音像(桂泉観世音)を奉り開山したと伝えられる八葉山天台寺。何ゆえにこの僻北の地にかくも大きな寺があり、永年に渡って信仰心に支えられてきたのか、深い謎と神秘に包まれています。
 いまも参道入口にある桂の木の根もとから「桂清水」が湧き出ていますが、桂から湧き出る清水は霊水として信仰される所はほかにもみられ、天台寺信仰の原点も桂清水であったことが推測されます。
桂清水
 天台寺に伝わる59体の仏像のうち13体は平安仏とみられています。中でも開山者である行基が彫ったとされる聖観音立像は、前面の独特なノミ跡と背面の平滑な仕上げのコントラストが美しく、国指定重要文化財となっています。
 中世以降の注目すべき多くの工芸品が収められており、天台寺に寄せる篤い信仰心を現代に伝えています。本堂の屋根も見事に葺き替えられ、同じく重文指定を受けています。また浄法寺塗の出発点もこの天台寺であり、文化的な広がりは計り知れないものがあるます。
聖観音立像
 地元では天台寺を「御山」(おやま)と呼び信仰を捧げていますが、昭和62年に瀬戸内寂聴師を住職に迎えたことは全国的な話題となり、翌年比叡山延暦寺に伝わる「不滅の法灯」が分灯されて、御山信仰をいっそう揺るぎないものとして現在に至っています。
八葉山天台寺  電話 0195−38−2500
地図情報はこちら
リンクはこちら
教育委員会文化財課ページへリンクします。(別ウィンドウで開きます)
関連情報はこちら
天台寺は、現在保存修理工事が行われています。
春、秋の例大祭は保存修理が終了するまで休止となりますのでご了承ください。
古くから「おやまさかり」として親しまれてきた天台寺のお祭りは、桜が満開の5月に春の大祭が、稲刈りが終わる10月に秋の大祭が行われます。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
商工観光流通課
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡6-3 県二戸地区合同庁舎5階
Tel: 0195-43-3213  Fax: 0195-23-1634
E-Mail: こちらから