岩手県二戸市 二戸市役所
サイトマップ トップページへ
市の情報
くらしの情報
防災・災害情報
観光情報
企業・事業者向け
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報救急・消防消防について
 
2014年3月31日 更新
印刷用ページを開く
消防について
●消防についての相談
 安心して生活を送るためにあなたの使用している器具や防災に関する相談は、二戸消防署へ気軽にご相談ください。
●火災が発生したときの通報は 119番
 火災は、はじめの数分が大切です。火災を発見したら、早く知らせ早く消し、場合によっては、早く逃げ出すことも大切です。
●119番のかけ方
@発生場所
A何が燃えているか(家、車、林など)
B火災の状況、傷病者がいるか、いないか
C発生場所の目標(建物など)
D通報に使用している電話番号と通報者名
●火の用心7つのポイント
@寝たばこやたばこの投げ捨てをしない
A子供にマッチやライターで遊ばせない
B風の強いときにはたき火をしない
C天ぷらを揚げるときはその場を離れない
D家の周りに燃える物を置かない
E風呂の空だきをしない
Fストーブには燃えやすい物を近づけない

火災発見、次にとるべき行動を誤ると命取りになるケースもあります。
まず何をすべきか。状況を的確に判断し、迅速な行動をとらなければなりません。日ごろからの心掛けが必要です。
初期活動の三原則
【1】早く知らせる
@小さい火だと思っても、一人で消そうとしない。
A「火事だ〜」と大声を出し、隣近所に援助を求める。声が出なければ、やかんなどをたたき異変を知らせる。
B小さな火でも119番に通報する。発見者は消火にあたり、近くの人に通報を頼む。
 
【2】早く消火する
@出火から3分以内が消火できる限度
A天井に火が回ったら手が付けられない。
B水や消火器だけで消そうと思わず座ふとんで火を叩く、毛布で火をおおうなど、手近なものを活用していかに早く消火活動ができるかがポイント。
 
【3】早く逃げる
@天井に火が燃え移ったら、いさぎよくあきらめて避難する。
A避難するときは、燃えている部屋の窓やドアをしめ、空気を断つ。
本文終わり
ページのトップへ
防災対策室
〒028-6192 岩手県二戸市福岡字川又47
Tel: 0195-23-3117  Fax: 0195-25-5160
E-Mail: こちらから