岩手県二戸市 二戸市役所
サイトマップ トップページへ
市の情報
くらしの情報
防災・災害情報
観光情報
企業・事業者向け
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ高齢・介護後期高齢者医療制度について
 
2014年3月31日 更新
印刷用ページを開く
後期高齢者医療制度について
後期高齢者医療制度は、75歳以上の方と一定の障がいがあると認定された65歳以上75歳未満の方が加入する高齢者の医療制度です。
 後期高齢者医療制度は都道府県ごとの「後期高齢者医療広域連合」が運営します。岩手県では「岩手県後期高齢者医療広域連合」が、運営主体です。
75歳以上の方(一定以上の障害の状態にあることで認定を受けた方は65歳以上)は、後期高齢者医療制度で医療を受けることになります。
◎保険証について
75歳の誕生日から資格を取得し保険証はひとりに一枚交付されます。誕生日を迎える日までに保険証を送付します。
◎保険料について
 老人保健制度では、被保険者として加入している医療保険にそれぞれ保険税(料)を納付していた方も、健保組合などの被扶養者などで保険料の負担がなかった方もありましたが、後期高齢医療制度では被保険者全員が保険料を負担することになります。
 
保険料額=均等割額(38,000円)+所得割額(被保険者本人の基礎控除後の総所得金額×所得割率7.36%)
所得の低い世帯の方や被用者保険の被扶養者であった方には均等割額が軽減されます。
 
均等割額の軽減

均等割軽減割合

 同一世帯内の被保険者及び世帯主の総所得金額
9割軽減
 [基礎控除額(33万円)]を超えない世帯で、被保険者全員が年金収入80万円以下の
世帯(その他各種所得がない場合)
8.5割軽減
 [基礎控除額(33万円)帯]を超えない世帯
5割軽減  [基礎控除額(33万円)+27万円×被保険者数]を超えない世帯
2割軽減
 [基礎控除額(33万円)+49万円×被保険者数]を超えない世帯
 
所得割額の軽減
 後期高齢者医療制度に加入する前日まで、被用者保険(職場の健康保険など)の被扶養者だった方は、所得割額はかからず、均等割額が7割軽減になります。
 ただし、国民健康保険、国民健康保険組合に加入していた方は該当しません。
◎医療機関にかかるとき
窓口負担について
被保険者証を提示して医療を受けます。医療費の1割(現役並み所得者は3割)です。
毎年8月1日を基準日として前年の所得により見直します。

※現役並み所得者:同一世帯の後期高齢者医療の被保険者の所得と収入により判定します。

課税所得が145万円以上かつ
収入が後期高齢者複数世帯520万円以上、後期高齢者単身世帯383万円以上
医療給付について
病気やけがの診療を受けたとき、入院したときの食事代、療養病床に入院したときの食事代や居住費、
やむを得ず全額自己負担したとき等に給付が受けられます。

また、高額医療・高額介護合算制度が設けられます。(平成21年8月から)
本文終わり
ページのトップへ
国保予防課
〒028-6198 岩手県二戸市福岡字八幡下11-1
Tel: 0195-23-1313  Fax: 0195-22-1188
E-Mail: こちらから