コンテンツ一覧へジャンプ
岩手県二戸市 二戸市役所
サイトマップ トップページへ
市の情報
くらしの情報
防災・災害情報
観光情報
企業・事業者向け
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ部署一覧国保予防課
国保予防課
p. 1/1
既定
日付 検索
市民が食を通して心身ともに健康で生き生きと暮らし続けていくために、地域全体で市の特性をいかした食育推進を目指す計画です。
 平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌感染症予防接種が予防接種法に基づく定期予防接種になりました。この予防接種は、65歳以上の方には、2023年度までの間に1人1回定期接種の対象となる機会があります。定期接種の対象となる年度においてのみ市では接種費用の一部を助成します。
子どもの健康を守るため、下の表のとおりさまざまな予防接種を行っています。
 妊娠初期の女性が風しんにかかると、胎児もウイルスに感染する場合があります。これは『先天性風しん症候群』という病気で、胎児に障害が起こる可能性があります。このことから風しん流行と先天性風しん症候群の予防を目的として、市では風しん予防接種費用の一部を助成します。
毎月19日に二戸市内のスーパーや産直さんに置いている「野菜たっぷり減塩レシピ集」がホームページでも見られるようになりました。ぜひ、脳卒中予防のレシピとしてご活用ください。
 毎月、更新予定です。
生活習慣病重症化予防のための戦略研究(J-HARP)におけるウェブサイト開設のお知らせ
骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、暮らしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりの状態になる可能性が高くなります。運動器の障害のために、介護を必要とする状態や、要介護になる危険の高い状態がロコモティブシンドロームです。
働きながらお母さんになるあなたへ、職場でつらい思い、していませんか?
にのへ結・遊親子21プランは、すべての子どもが健やかに育つ社会の実現を目指すため、関係者・関係機関・団体が一体となってその達成に向けて取り組む計画です。
乳幼児期は、心と身体の基礎作りの大切な時期です。自分を信じる気持ちや思いやり、体力・運動能力を育てるには、直接的に人と物にかかわることが欠かせません。親も子もメディア漬けになっていませんか?
欧米では、ナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモン等を原因としたリステリアによる集団中毒が発生しています。
マタニティマークについて紹介します。
健康寿命の延伸を目指すため、市民一人ひとりが主体的に健康づくりに取り組む計画です。
健康寿命の延伸を目指すため、市民一人ひとりが主体的に健康づくりに取り組む計画です。
どうしたら防げる食中毒?夏場は食中毒の多い季節です。
加工技術や低温流通の発達、冷蔵庫・冷凍庫といった設備に頼りすぎずに、
 家庭で基本をしっかり守り、食中毒を防ぎましょう。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の方と一定の障がいがあると認定された65歳以上75歳未満の方が加入する高齢者の医療制度です。
 国民健康保険(国保)は、病気やけがに備え、加入者がそれぞれの収入に応じてお金を出し合い、必要な費用にあてようという助け合いの制度です。
住民福祉向上の観点から医療費の一部負担金の助成を行います。
p. 1/1
既定
日付 検索
担当部署別情報
国保予防課