岩手県二戸市 二戸市役所
サイトマップ トップページへ
市の情報
くらしの情報
防災・災害情報
観光情報
企業・事業者向け
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市の情報募集岩手県二戸市地域おこし協力隊「まちづくり人」を募集します!
 
2018年7月12日 更新
印刷用ページを開く
岩手県二戸市地域おこし協力隊「まちづくり人」を募集します!
「リノベーション」と「イノベーション」で世界に誇れるまちづくりを進める岩手県二戸市。
あふれる地域資源と歴史・文化を活用し、世界に誇る「テロワールの郷」作りにともにチャレンジしませんか。

岩手県二戸市は、岩手県内陸北端部青森県との県境に位置しています。

新幹線、高速道路、国道4号線が通り、都心・地方都市からのアクセスが良い地域です。

東京から東北新幹線で約2時間40分の二戸駅に降り立てば、里山の風景や、

岩手県の天然記念物指定となったヒメボタルの生息する折爪岳など

生態系豊かな山々に囲まれる二戸市の景色がひろがります。

 

ここは二戸市の金田一温泉地区にある観光りんご園。

誰もまだ足を踏み入れていない真っ白な雪原に一歩を踏み出すように

このまちで未来を創り世界とつながるために力を貸してくれる仲間を募集します。

 
二戸市の「今」

二戸市では30年後の将来を見据え、持続可能で次代に誇れるまちづくりを進めています。

様々な地域経営課題を解決するため、「公民連携まちづくり」を目指し、

二戸市の3つの地域「金田一温泉周辺地区」、「天台寺周辺地区」、「九戸城跡周辺地区」を公民連携推進区域として、

まちの新しいコンテンツづくりを考えながら、新しい住まい方、働き方、遊び方の創造を通じて、

まちを活性化させる取り組みを進めようと検討を進めています。

 また、東北新幹線二戸駅を持つ二戸市は、地域固有の風土の中で育まれた世界に誇れる豊富な地域資源を活用し、

ここでしかできない体験観光を「にのへ型テロワール」として

訪日外国人旅行者をターゲットに誘客を行う事業を行う為、準備を進めています。

 様々な事業が動き始める今、共にまちづくりを担う人材を募集しています。

 

岩手県二戸市には世界に誇れるクールジャパンがあります

高級フルーツや銘柄肉、食文化など、世界に通じる一流品。

 わがまちでは平成25年から5年間にわたり、

ニューヨークにおいて「小さなまちの大きな挑戦」と銘打ち地域文化を発信してきました。

 平成29年には世界三大美術館メトロポリタン美術館でも漆に関する講演を開催しています。

 

 岩手県二戸市は今、大きな変革期

 

少子高齢化と人口流出により、縮退する地域経済を向上させるためにチャレンジし続けています。

もちろん簡単なことではありません。しかし、毎日はやりがいに満ちている。

当然うまくいかないことだってある。だけど支えてくれる仲間がいます。

 このようなまちに来て、未来を創り世界とつながるために力を貸してくれる"まちづくり人"を募集します。

 

■日本酒世界一のまち
岩手県で開発され、二戸市金田一の田んぼで育てた酒造好適米
「ぎんおとめ」を使用し、「南部杜氏」の技術により二戸の酒造で
醸された「南部美人」は、世界で最も権威のあるワイン鑑評会である
インターナショナルワインチャレンジ(IWC)のSAKE部門で
2017チャンピオンの栄誉に輝きました。
現在は世界34か国に輸出され世界で愛飲されています。
 
■肉食女子・男子垂涎のまち
養鶏の生産額は平成28年市町村別農業産出額で全国1位を誇るほか、
全国でも数少ない交配から餌まで地元由来の飼育法で飼育される
赤身肉の「いわて短角和牛」、独自の交配技術と飼育法で
肉質・脂質ともに外食店の評価が高い「折爪三元豚佐助」など、
牛・豚・鶏が揃う肉食女子・男子垂涎の街です。
■日本一の漆の郷
奈良時代の728年に二戸市浄法寺において開山された
「八葉山天台寺」の僧が伝えられたとされる「浄法寺漆」は、
現在国産漆の7割のシェアを誇り、「鹿苑寺金閣」や
「日光東照宮」などの国宝・重要文化財の修復に使われているほか、
原料から漆器まで一貫生産できる希少な漆の郷です。
漆掻きの技術はユネスコ無形文化遺産にも提案され、
すでに世界遺産となっている和食とともに
日本の宝として注目されています。
■手仕事のあるまち
浄法寺漆を使用して浄法寺の塗師により生産される「浄法寺漆器」や
斧が折れるほど固いといわれるオノオレカンバを加工した木工製品
竹細工、南部箒など、東北の暮らしの中で培われた
職人の手仕事によるクラフトが生活の中に溶け込んでいます。
■二戸市の偉人
豊臣秀吉天下統一最後の戦いとなった九戸城の城主 九戸政実
 北方警備と人材育成に尽力した相馬大作、東北の松下村塾とも
呼ばれ、多くの有能な人材を育てた「会舗舎」を設立した小保内孫陸
岩手県初の公選知事で「農民知事」の愛称で親しまれた國分謙吉
日本物理学の親とも言われ日本式ローマ字の普及や
航空機の礎を築いた田中館愛橘などの偉人を輩出しました。
また、世界的グラフィックデザイナーの福田繁雄氏
天台寺住職を務めた瀬戸内寂聴師も二戸市ゆかりの著名人です。
 
■高品質フルーツのまち
二戸市をはじめとする、岩手県北部・青森県南部の地域は
古くからの果樹地帯で、さくらんぼのブランド「夏恋」
(佐藤錦の中から糖度17度以上で大粒で色の濃いものを選定)
大粒ブルーベリー「カシオペアブルー」
(品種チャンドラーのうち1粒500円玉サイズのもの)
りんごのブランド「冬恋」
(はるかの中から糖度15%以上、蜜入りが2.5以上のもの)
などの高品質果物を生産するフルーツの里です。
【二戸市地域おこし協力隊募集概要】
1 仕事・業務内容   
 
  ■まちづくりのプロデュース・ディレクションを担う人
     ・二戸市の「宝」を生かした体験コンテンツの企画、実施
     ・地域経済循環の仕掛けづくり
     ・訪れた人を高いホスピタリティで受け入れる「おもてなし」の仕掛けづくり
 
  ■まち・もの・ひとのデザインを担う人
     ・カッコイイ「にのへくらし」のライフデザインの提案と発信
     ・人の心を震わせる物語づくりと発信
     ・二戸の資源を魅力的に伝えるデザインづくりと企画
 
  ■インバウンドの受入れと対応を担う人
     ・訪日外国人旅行者向け「にのへテロワール」体験プログラムなどの企画づくり
     ・本市の強みを生かしたインバウンドマーケティングの戦略設計
     ・外国人との交流による地域人材の育成
 
   ※二戸市では上記ようなスキル及び熱い心を持った「まちづくり人」を求めています。
   ※事業の実施については、関連する団体と連携して行っていただきます。
 
2 募集対象
  ・原則として平成30年4月1日現在で年齢が20歳以上40歳以下の方(性別不問)
  ・現在3大都市圏(注1)と政令指定都市または地方都市(全部または一部が過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市  
   町村)に在住し、採用後に住民票を二戸市に移動し居住できる方(任用を受ける前に既に二戸市の定住・定着している方(既  
   に住民票の異動が行われている方等)は原則として含まない)
   (注1) 3大都市圏:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県
  ・心身が健康で、かつ地域の協力活動に意欲と情熱を持っている方
  ・普通自動車免許を取得している方、または取得予定の方(AT限定可)
  ・パソコンを日常的に使用している方(デザインについてはデザインに必要なソフトを使用するスキルを有している方)
  ・活動終了後に二戸市に於いて起業・就業し、定住しても良いと考えている方
 
3 募集人数  
   2名
 
4 勤務地
   二戸市内
 
5 勤務時間等
   ・原則週5日、1日7時間以内で週29時間とするフレックスタイム制
 
6 雇用形態・期間
   ・非常勤の特別職として採用します。
   ・任用期間は、着任日から平成31年3月31日までとします。但し通算で3年を限度として任期を更新する場合があります。
   
7 報酬
   月額 170,000円(賞与なし)
 
8 待遇・福利厚生
   ・社会保険等(雇用保険、厚生年金、健康保険)に加入します。
   ・住居は市と隊員が協議の上で決定し、家賃は6万円を上限に予算の範囲内で市が補助します。
    ※引っ越しに係る経費、入居時に係る敷金は隊員の負担となります。(引っ越しに係る経費、入居時に係る敷金について、
      対象となる方は市の補助制度を利用可能です。)
   ・光熱水費は予算の範囲内で市が補助します。
   ・業務で使用する車両、パソコンは市が貸与します。
   ・その他業務に必要なものについては、予算の範囲内で市が用意します。
   ・任期中の副業を希望される方はご相談ください。
 
9 休日・休暇
    原則、土曜日、日曜日、祝日、12/29から1/3までの間を休日としますが、勤務の都合で休日を振替える事があります。
    有給休暇は1年目は任用された日より勤務日の日数に応じて付与されます。但し2年目は11日間、3年目は12日間付与
    します。
10 応募手続
  (1)申込受付期間
     平成30年6月1日(金) 〜 平成31年1月31日(木)まで
     ※この期間随時応募を受け付けます。隊員が決定次第、募集は終了致します。
  (2)提出書類
     @岩手県「二戸市地域おこし協力隊」応募用紙
     A岩手県二戸市「地域おこし協力隊」応募レポート
       ※このページ下部よりダウンロードしてください
       ※応募用紙は手書きで記入してください
       ※応募レポートはパソコンで作成してください  
(3)申込先
   〒028−6103 岩手県二戸市石切所字荷渡6−3 二戸地区合同庁舎5F
              二戸市役所 産業振興部 商工観光流通課 あて
 
11 選考
     書類選考の上、合格者に対して面接審査を行います。詳細は書類選考結果を通知する際にお知らせ致します。また、面
    接場所は二戸市または東京都内を予定し、応募者の状況を考慮して決定します。面接場所までの交通費はすべて自己負
    担となりますので、ご了承下さい。
 
12 その他
     任期終了後について、二戸市では今後地域経済を推進するまちづくり総合会社の創業について模索しております。また、
    市内にある金田一温泉、九戸城跡周辺、天台寺周辺の3地区において、公民連携のまち再生事業を展開中です。
    協力隊の皆様には、任期終了後もこのようなまちづくりの中心プレーヤーとして活躍されることを期待しております。
 
13 問い合わせ先
   二戸市役所 産業振興部 商工観光流通課 
   担当:五日市 知之
   電話:0195-43-3213  FAX:0195-23-1634
   Mail:to-itsukaichi@city.ninohe.iwate.jp
 
二戸市の地域おこし協力隊の活動の様子
二戸市で活動する地域おこし協力隊の様子はこちら 
 
二戸市がどんなところか知りたい方へ
二戸市で活用できる移住支援制度はこちら
 
協力隊任期終了後も要件により活用できる制度があります。
お気軽にお問合せ下さい。
 
募集要項はこちら
(matidukuribito.pdf: 276k)
応募用紙はこちら
(ouboyoushi.doc: 45k)
本文終わり
ページのトップへ
商工観光流通課
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡6-3 県二戸地区合同庁舎5階
Tel: 0195-43-3213  Fax: 0195-23-1634
E-Mail: こちらから